エアコン見えない所もしっかりと

エアコンのお取り付け等のご依頼が
増えてくる季節です

いつもやっているのですが設置に気を付けている点
普段見えない所をご紹介しますね

室内機を付けるとき
最近の壁は石膏ボードがほとんど、下地に木が入っているときはそれに止めますが
ない場合はエアコン用のボードアンカーを使います
IMG_20180607_134141.jpg

よく使われるこちらのねじ込みアンカーはエアコンに関しては使いません
取付が簡単ですがメーカーでは非推奨ですし取付穴が大きいです
IMG_20180607_134218.jpg

キャプチャ.PNG

室内機と室外機を繋げる電線(接続線)は基本的に2mm線を使っています
当然これより細くて安い1.6㎜という線もあるのですがメーカーは2㎜推奨が
ほとんどです
IMG_20180604_172848.jpg

キャプチャ4.PNG

室内外を繋げる配管は必ずトルクレンチを使っています
これは締め付け具合は手で大体わかるのですが私も人間ですので
体調や姿勢で万が一トルク管理があいまいにあるのを防止しています
キャプチャ3.PNG

この配管の接続にはとても気を使っています
緩くてもきつくてもガスが漏れて冷房が効かなくなります
ですのでトルク管理もレンチを使ってさらに

当店は接続部にナイロクという
漏れ防止のパッキンのような役目をするものを塗布しています
IMG_20180604_175442.jpg

この接続が室内側になってしまう場合は
結露防止で保温材を巻いています、もし結露してしまうと室内側で水が垂れたりします
(実は接続部が外でも巻けるようでしたら巻いていますよ)

IMG_20180604_175952.jpg IMG_20180604_175643.jpg

接続が終われば今度は真空引きです
キャプチャ1.PNG

この真空引きをしない業者もあると聞いています
真空を引かなくても「ただちに問題は無い」ですが将来的に故障のリスクが高くなります
メーカーでも真空引きは必須項目になっていますが
やらないければ「かなりの時間短縮」につながりますのでそういう業者もいるという噂が流れてるのかもしれませんね
IMG_20180604_184423.jpg

当店は真空引く時にタイマ付けて時間を測っていますよ
IMG_20180604_184502.jpg

(仕様書は三菱のエアコンの据え付けと納入仕様書を参照しました)

このあたりの工事は後から全く見えませんので
言わないと工事を見ていないお客様には全く判りません

当店含め業者さん皆普通にやっていると思いますが
つい語ってしまいました

佐々木ムセン
名古屋市南区外山2-12-23
822-7077